免疫力を高めよう!がん克服のためのページ

癌の知識、治療のあれこれ、免疫力、癌と向き合うメンタリティ、イメージング、食事、最先端医療などの情報をお届けします。

癌患者が避けるべき食材

f:id:immunityup:20151222210023j:plain

あなたはどんな食事をしていますか?食事は人間にとって、最も重要な意味を持ちます。それは毎日、体に取り入れる物が健康にも不健康にも確実に影響してしまうからです。

医者は癌治療において、食事に関してはあまり関心がないようです。医者に食事のことを聞いても特に何もアドバイスはくれません。好きな物を食べればいいと必ずいいます。今日はがん患者が避けておいた方良い食材について注目したいと思います。

 

 がん患者が避けるべき食材とは

患者さんとしてみれば、あらゆる可能性を探りたい、もっと食事に関してありふれた知識ではなく、実感として納得できそうなアドバイスがほしい。そんな気持ちでいっぱいですよね。しかし医者は食事、栄養学の専門家ではないのですから仕方ないです。

 とはいえ病院の治療だけをすれば良いのでしょうか?私はそうは思いません。以前どなたかが、「人は食べたものの様になる」という名言を言っていました。

 その意味は、肉ばかりを食べる人は筋肉質で強い体になり、性格も荒々しい。野菜ばかりを食べる人は野菜のようにスリムになるがそればかりだと弱々しい。油物ばかり好む人は体にも脂を蓄え、油のようにくどい性格になる。

甘いお菓子ばかり食べる人は、自分に甘く、血もドロドロしてくる。そんな意味合いだったと思います。どこか言い得てる、そう思いませんか?

 やはり食生活をしっかり見直さないと、決して健康にはならない良い例えだと思います。あなたは普段どんな食生活を心がけていますか?

 特に癌患者の方におすすめしたいのは、良い物を取り入れるだけでなく、やはり避けた方が良い食材もしっかり考えておいた方がよいと思います。

世の中、得てして引き算は大事です。自分にとって余計な考え方や余計な行動、そして余計な食事は引き算しましょう。

 癌患者が避けた方が良い食材

親しい栄養学の先生から良く聞くことですが、最も重要で究極な食生活は、バランスの良い食事を心がけるのが基本だそうです。

私もこれに勝る物はないと思っています。ただ癌の場合、できるだけ糖質は少なめにしておいた方が良いそうです。このブログでも以前何度かお話したことです。

食材とはいえませんが、成分としては糖質は控えたほうが無難です。糖質を控えればがんが減っていくとはいいきれませんが、進行を遅らせることは十分可能です。

ただカロリー制限ではないのでその点は誤解しないようにしていただきたいです。カロリーまで制限されていまうと、体力が落ちてしまいます。あくまで糖質を控えるということです。

参考 湘南メディカルクリニック:がんと糖質制限

糖質は控えめにする

 

 

f:id:immunityup:20151104000851j:plain

糖質は癌のエサともいいます。癌細胞の栄養源はブドウ糖のみといわれています。糖質を取れば取るほど癌を元気にしてしまう可能性があります。

パン、白米、お菓子は大幅に減らし、時には玄米や雑穀米などをローテーションで食べると良いと思います。完全に糖質を避けることはできません。調味料は揚げ物のパン粉などにも糖質は含まれています。

そこまで気にしていたらストレスになるので主食の糖質やお菓子を減らすようにする程度で良いと思います。
www.kenkou-up.xyz

 乳製品も控える方が無難

これは確定ではありませんが、乳製品はアルコールに次いで、日本人の大腸癌の原因になりうる食材です。あくまで可能性の話です。日本人には体質的にあまり乳製品は合わない可能性が高いです。

特にチーズや牛乳などは欧米人と比べて日本人には悪影響という医者もいます。大腸癌が急速に増えてきたのは高齢化だけではないでしょう。やはり食の欧米化の影響は否定できません。

 日本人はもともと雑穀類、根菜類中心の食生活をしてきた人種です。ヨーグルトの様な乳酸菌は、乳酸菌としてのメリットが大きいのですが、それ以外の乳製品はさけておいた方が無難に思います。

牛乳にはIGF(インスリン様成長因子)というものが含まれています。このIGFは健康体の人には良いのですが、癌患者の場合はマイナスに働く可能性が示唆されています。

参考:インスリン様成長因子 - Wikipedia

 IGFはmTORC1というタンパク質を活性化させます。これが癌細胞まで活性化させるという考え方があるからです。これはまだ不確定要素もあり、賛否両論意見があるようですが、食べることが必須でないのなら量を控えたほうが無難だと私は思います。

カルシウムやミネラルは他の食品でも摂れます。あなたが日本人なら乳製品は治療の間は少量に控えた方が良いかもしれません。

そもそも食の欧米化によってがんが増えたというのが真実というのであれば、乳製品は欧米化の中に含まれると思います。であるのならば、控えるのが無難でしょう。

 f:id:immunityup:20151214034532j:plain

ただ、食事制限がストレスになるのであれば、無理にしなくても良いです。完璧主義は逆効果です。心理的には、制限して我慢するという考えではなく、控えると特して元気になるとイメージしてほしいと思います。

もちろん制限をかけたのなら、それを他の食材で補うことも忘れてはいけません。

アルコールを避ける

アルコールは毒か薬かといえば確実に毒です。少量なら血行促進の効果がありますが、それは肝臓がアルコールを分解するために一生懸命働くからという理由もあります。心臓や肝臓には大きな負担がかかるのです。

アルコールは分解時にアセトアルデヒドという有害物質に変わります。アセドアルデヒドは毒性の作用があるので注意が必要です。お酒を飲んだ時に顔が赤くなる人は注意が必要です。肝臓のアルコールに対する解毒能力が低い証拠ですので控えたほうが無難です。

飲酒は大腸がんとの関係もデータが出ています。(参考:国立がん研究センター)

f:id:immunityup:20171215133049j:plain

出典http://epi.ncc.go.jp/can_prev/evaluation/793.html

飲酒は食道がんのリスクも大幅に高めることが解っています。間違いなくがん予防のためには避けておいたほうが良い食材といえます。お酒だけならリスク要因としてはしれていると思います。

しかし、加齢、ストレス、喫煙、運動不足、アルコール代謝能力などの影響が複合的に絡み合うと、がんになりやすくなることは確実です。お酒は適量にしておきましょう。

まとめ

  • 糖質はがんのエサといわれているので極力控える。
  • 乳製品も疑わしい部分があるので量を控える。
  • アルコールは可能なら避ける。

何でもかんでも避けることは、生活の楽しさや質を落とすのでどうかとは思います。少なくとも、上記の食材、成分で摂りすぎてるものがあれば、それは控えるようにしておいた方が良いと思います。ストレスを増やさない範囲で調整をしてみてください。

 <関連記事>

www.kenkou-up.xyz