免疫力を高めよう!がん克服のためのページ

癌の知識、治療のあれこれ、免疫力、癌と向き合うメンタリティ、イメージング、食事、最先端医療などの情報をお届けします。

食事に含まれるアスパラギンががんの進行や転移を促す!?

食材イメージ

出典:https://www.pakutaso.com/

先日がんの進行や転移に関して食品が影響しているのではないかという興味深い記事が

イギリスの科学雑誌『ネイチャー』に掲載されました。

それによるとアスパラギンという成分がありますが、そのアスパラギンのが不足した状態だと、なんと乳がんの細胞の成長が阻害されるそうです。

今日は食品によるがんの進行や転移に影響について考えてみたいと思います。

 

がんの進行や転移を促す成分の発見?

がんの進行や転移を促すような栄養成分の発見というのは、これまでごくわずかしか聞いたことがなく非常に興味深いものです。その成分を控えることでがんの進行を遅らせたり転移を予防することができるのであれば朗報です。

その研究内容とはどのようなものでどのような成分ががんの転移や進行を停滞させることができるのでしょうか。

アスパラギンの不足で乳がんの成長を阻害させる?

ネイチャーに掲載されたその研究論文によると、『アスパラギン』が不足すると乳がんの細胞分裂の速度を遅くできる可能性が動物実験により発見されたそうです。

あくまで動物実験ということですが、特定の栄養素を阻害しただけの実験結果ということで、がんの進行、転移の可能性となると医薬品やがんを攻撃する機能のように難しそうな問題ではないので多いに期待が膨らみます。

アスパラギンとマウスによるがんの進行転移の研究内容

研究ではマウスに対して、アスパラギンを阻害する薬品と使ってみたり、低アスパラギンの食事を食べさせるというな実験をしたそうです。

特に何も対策を施さないマウスの場合、通常2週間から3週間で死亡するようですが、この実験によると、アスパラギンを抑えていたマウスはがんの進行や転移を予防、停滞させるのに一定の効果があったという話しです。

もしこの実験が事実であれば、がんの進行や転移を防ぐために新たな薬や食事の取り方など、がん治療の新しい可能性が広がります。

参考:BBCNEWS 海外サイト

アスパラギンとは

 アスパラギンとはアミノ酸の一種です。アスパラガスから発見されたためにこの名前がついたという話しです。

アスパラガスの名前に代表されるようにアスパラガスや肉類、大豆、魚介類、などに多く含まれている成分です。

アスパラギンの役目は人体にとって有害となるアンモニアを体外へ出す働きがあります。そしてアスパラギンは健康や免疫力にも影響するタンパク質の合成にも必要な栄養素です。

運動時の持久力の向上や新陳代謝を高める作用などもあるとされていて丈夫な体づくりには必要な栄養素といわれています。

アスパラギンの別の実験

アスパラギンの研究では90日間と一定期間に男女10名にアスパラギンを取り続けてもらったところ、男性では減量に効果がありました。

さらに脳や腎臓などの臓器の重量が増大したそうです。女性では血糖値やカリウム、血漿リン脂質が高くなったという研究結果が報告されています。

これによりアスパラギンは体感維持に一定の関係があり、必要以上に取り続けると血漿にも影響があるようです。

参考:NCBI 海外サイト

※血漿とは血液の中の液体成分。血液の55%が血漿でしめられている。

アスパラギンとアスパラギン酸は違う?

紛らわしいのですが、アスパラギンとアスパラギン酸は違う成分です。アスパラギン酸はアミノフェラーゼという酵素によってできるアミノ酸ということで、アスパラギンを加水分解するとアスパラギン酸ができるようです。

役目的には似ていますが一応違うものということです。この実験ではアスパラギンという話になっています。マウス実験でのアスパラギン酸との関連性はわかりません。

 

 がん転移と栄養素の関係解明がこれまでのがん治療の弊害に一石を投じるのか

これまでがんは手術で腫瘍を取りきったとしても、目に見えない微細ながん細胞は血流を通って転移し、そこで血管を新しく新生し増えていきました。

この転移を食事療法やアスパラギン阻害薬のような薬によって予防できるとなると、かなり革新的にながん治療になります。

乳がんに限らずがんの多くは、リンパ節に転移してしまった場合、腫瘍とリンパを取った後にがんの転移の予防的措置として抗がん剤などを使うことが今でもよくあることなのです。

抗がん剤の副作用で肉体的にも精神的にも副作用でダメージを受ける人が多く、経済的にも大きな負担となり問題となっています。がんの栄養となる物質にブドウ糖があげられますが、糖質オフががんの予防や転移に効果が高い可能性をこのブログでも記事にしてきました。

ここで新たにアスパラギンという可能性が出てきたことはとても良いことです。

食事でアスパラギンを控えることは難しい?

アスパラギンががんの進行や転移を抑えるとなると、食事から少しもアスパラギンを取りたくないと思ってしまう人もいるかもしれません。

アスパラギンですが、健康上は必要なアミノ酸です。極端に控えるべき段階かどうかはまだ研究段階ですし、明確な答えはまだ出ていません。まだ別の成分との絡みもあるかもしれませんし、研究段階なので情報には振り回されないように注意はしたいところです。

アスパラギンは肉類や大豆、牛乳、じゃがいもなどに含まれているごくありふれた成分です。完全に避けることは難しいですし、アスパラギンにはメリットも多く含まれています。

現状、がん治療をされている方の場合、食事療法に関しては、少なくとも糖質を控えることを基本とし、アスパラギンは摂りすぎにならないよう、バランスの良い食事を心がける程度で良いのかもしれません。

ここまでアスパラギンががんの進行や転移に関係している可能性はわかりましたが、今すぐできる療法になるのか期待をしてしまった私としては複雑な心境です。。。

まとめ

  • アスパラギンががんの進行や転移に関係している可能性がある。
  • アスパラギンはタンパク質の合成に必要で多くの食品に含まれている。
  • 今後アスパラギンを阻害する薬の開発がされるかもしれない。
  • 現状、がんの食料療法としては糖質オフの方が現実的。

アスパラギンという成分ががん細胞の活動に大きな関係があることを示唆する研究なのかもしれません。まだまだがんについては未知なる要素が隠れていることを感じる研究でした。

がんの進行や転移が抑えられる物質や薬などが開発されれば、がんに対する恐れが大幅に減ることは確実です。ただ現状の食事療法では、糖質オフががんの進行や転移を抑えるのに最も有効ではないのかと個人的には考えています。

 関連記事

www.kenkou-up.xyz

 

 

子宮頸がんの原因とは?ウィルス以外の可能性は?

がん細胞イメージ

がん細胞イメージ

 子宮頸がんは女性特有のがんですが、原因に大きく関係しているウイルスがあります。ヒトパピローマウイルス(HPV)が主な子宮頸がんの原因とされています。

今日は子宮頸がんの原因とされているウイルスやウイルス以外に原因があるのか注目していみたいと思います。

 

 子宮頸がんの原因にウイルス以外の可能性はあるのか?

子宮頸がんは膣から子宮へと通る道の部分である子宮頚部に発生するがんです。他の癌は比較的高齢者に増える傾向があるのですが、子宮頸がんは20代から30代の若年層にも発症が多いとされている特殊ながんです。

厚労省の調べでは、20代から30代や40代の女性に発生するがんの中で発症率が一番多いがんが子宮頸がんです。

子宮頸がんの患者数

子宮がん全体の罹患数が年間25,000人くらいとされており、子宮頸がんは10,900例という数字が出ています。罹患率は20代から40代がピークとなり、50歳以降の子宮頸がんの罹患率は横ばいです。(人口動態統計2014年参考)

f:id:immunityup:20180212220228j:plain

出典:https://ganjoho.jp/public/pre_scr/screening/uterine_cancer.html

グラフをご覧になるとわかるとおり、比較的若い世代に多く発症するのが子宮頸がんの特徴です。性交渉に活発な世代に子宮頸がんの罹患が多いことが予想されます。

子宮頸がんの原因

女性であれば子宮頸がんの原因はよくご存知と思います。冒頭でも述べたヒトパピローマウイルスが子宮頸がんの主な原因とされています。その理由に子宮頸がんに罹ってしまった人のおよそ9割の方がヒトパピローマウイルスを持っているのが理由です。

f:id:immunityup:20180212221419j:plain

出典:http://www.gene-lab.com/gas/hpv_1/about.html

ヒトパピローマウイルス(HPV)は主に性交渉で感染します。このウイルスの感染は決して稀なものではなく、ごく一般的に感染が起こりうるものです。

このヒトパピローマウイルスは免疫力が高い人であれば、通常体内からは除去されます。ただ継続的な感染や何等かの要因で免疫力が低い状態の場合が続くと、子宮頸部の細胞が前がん状態となり、さらに放置しておくことで前がん状態の細胞がやがて子宮頸がんになることが示唆されています。

前がん状態とは端的にいうと、がんになる前の細胞を指していいます。子宮頸がんは『異形成』(いけいせい)という前がん状態をとおり子宮頸がんになるといわれています。

異形成とは
細胞を顕微鏡などで観察して判断する際の病理学の用語です。細胞が「現状ではがんとは言えないががんに進行する確率が高い状態(前がん病変)」や「悪性・良性の境界にある状態(境界悪性)」であることを指します。病変の程度により、軽度異形成、中等度異形成、高度異形成に分類されます。

引用元:国立がんセンター

前がん状態には軽度から高度までのレベルがあります。前がんの状態レベルが中程度までは放置でも80%は正常細胞に戻る可能性が高いのですが、高度までいってしまうとそこから子宮頸がんに変化してしまう可能性が高くなるといわれています。

また喫煙も子宮頸がんのリスクに挙げられています。喫煙は血液を汚し免疫力も下げます。ヒトパピローマウイルスの感染と喫煙が重なれば子宮頸がんのリスクが上がることは容易に想像できます。

ですので喫煙は絶対に有害なのでしないように気をつけましょう。

子宮頸がん検診

細胞診検査

子宮頸がんの検診は、非常に簡単で子宮頚部に綿棒で細胞をこすりとって顕微鏡で診断する細胞診検査があります。やや大雑把な言い方で言えば、検査を受けた人のうち、100人に1人が要精密検査となります。(参考:国立がんセンター

さらにその中から子宮頸がんと診断される人の数は6%から10%程度といわれています。つまり子宮頸がん検診を受けた人が1000人いたら6人から10人くらいが子宮頸がんと診断されるということです。

ただ検診で早期発見ができれば、子宮頸がんはそれほど怖いがんではありません。それだけに、子宮がん検診は定期的に受けることが非常に意義があることだといえます。

ヒトパピローマウイルス(HPV)検査

そしてもう一つは子宮頸がんの大きな原因とされているヒトパピローマウイルス(HPV)の検査です。このウイルスがあるかどうかが子宮頸がんの発症に大きな要因となります。

ヒトパピローマウイルスに感染したからといっても即座に子宮頸がんになるわけではありません。ポイントは持続的に感染し続けることが最もリスクが高いといわれています。

免疫力がしっかり機能していれば普通はウイルスを除去できます。ストレスや体質的に虚弱であったり、継続的な性交渉による感染などが多ければ、子宮頸がんの発症リスクは高まります。

  • 子宮頸がんの検診は2年に1回は受けることが推奨されています。

子宮頸がんの症状

  • 基本的には無症状
  • 生理中以外での出血
  • 性行為中の出血
  • おりものの増加
  • 月経血の増加

 子宮頸がん通常無症状です。生理中でもないのに出血したり、性行為の最中に出血することがあります。その他におりものや月経血の量が増えたり長引いたりすることもあるようです。

出血がある場合は前がん状態、もしくはがん化してしまっている場合がありますので、早めの受診をしてください。不自然な出血は子宮の異変の大きなサインです。

子宮頸がんの原因にウイルス以外の可能性は?

現在、子宮頸がんの発生の元となるのは、ほぼヒトパピローマウイルス(HPV)で間違いないといわれています。ウイルス以外の可能性が現在のところ発見はされていません。

ウイルス以外に何かの遺伝子的要因や科学的要因がウイルスと関わって子宮頸がんになるといった可能性も無きにしもあらずですが、今のところそのような原因の可能性は報告はないようです。

ただウイルス以外に子宮頸がんに罹るリスクとしては、やはり免疫力の低下の影響がやはり大きいものと思います。ウイルスに感染していても免疫力が高ければ前がん状態の段階で正常細胞に戻すことができます。

とはいえ、どう考えてもヒトパピローマウイルスに感染しない為の対応が最も求められていることにあることは子宮頸がんに関しては間違いないことですね。

 関連記事

www.kenkou-up.xyz

まとめ

  • 子宮頸がんの原因はヒトパピローマウイルス(HPV)
  • ウイルス感染は性交渉が原因
  • 前がん状態中程度までの80%程度はがんに進展しない。
  • 避妊具の使用と継続的な子宮頸がん検診が予防の鍵
  • 免疫力が下がらないような規則正しい生活を心がける。

子宮頸がんの原因にはヒトパピローマウイルスが大きく関わっていることは間違いなさそうです。ウイルス以外の原因の可能性もまだ完全に否定はできまえんが、ウイルスに感染していない状態が長ければ長いほど子宮頸がんにはならないことがいわれています。

とにかく2年に1回の定期検査とウイルスに感染しない対応、そしてがん全般にいえる免疫力を下げないための規則正しい健康管理が必要です。

 

胃がんでピロリ菌以外に気をつけたい原因!

f:id:immunityup:20170701104945j:plain

胃がんはまだまだ日本では罹患率の高い癌です。胃がんの原因といえばピロリ菌が多くの原因として認知されてきています。

しかし胃がんの原因はピロリ菌だけではありません。今日はピロリ菌以外に胃がんの原因について注目してみたいと思います。

 

 胃がんでピロリ菌以外の原因はあるのか?

胃がんは日本人の罹患率で常に上位に位置する癌です。最近ではお笑い芸人雨上がり決死隊の宮迫さんが胃がんに罹患したりと、若年層でも胃がんに罹る人がいることが注目されました。

関連記事

www.kenkou-up.xyz

 胃がんの原因としてはヘリコバクターピロリ菌という菌が有名ですね。胃がん罹患者の7割~8割はピロリ菌保持者といいます。

ピロリ菌がいると胃の粘膜が荒らされ胃がんになりやすくなるといいます。現在ではピロリ菌用の抗生物質が開発されており、ピロリ菌検査などで菌が発見されれば速やかに除去することが可能となってきています。

しかしピロリ菌以外でも胃がんになってしまう人もいます。その場合に考えられる原因とは何があるのでしょうか。

胃がんの原因

ピロリ菌以外の胃がんの大きな原因となりそうな代表的なものとしては以下の2つです。

  • ストレス
  • 遺伝子

もちろん、ストレスや遺伝子だけでなく過度な喫煙や飲酒、暴飲暴食、刺激物ばかりを食べることも胃がんの要因にはなりえます。

中でもストレスは胃がんの原因になる可能性が強く示唆されています。実際に私の知人に40代で胃がんを経験した男性がいますが、彼はピロリ菌は持っていませんでした。

非喫煙者でありアルコールも飲めない人物です。ただ仕事上の多大なストレスを抱えており、それが災いして胃がんを発症した可能性があります。ストレスが原因の場合、それがどう影響して胃がんなったのかは証明ができません。あくまで可能性です。

彼の場合、幸い早期発見でしたので手術で事なきを得ました。ストレスは代謝を落とし、免疫細胞の活性度を下げることが解っています。

ストレスを感じると胃が痛くなる人がいますよね。そういった人は胃にやはり症状が出やすい体質なので、胃がんに対しても要注意です。そこにピロリ菌などが重なってしまうとより胃がんのリスクを高めることになってしまいます。

そしてもう一つは遺伝子の影響です。胃がんの中でも悪性度の高いスキルス胃がんなどは生活習慣よりも遺伝子的な影響の方が色濃い癌といわれています。

スキルスというと、昔で言えばタレントの堀江しのぶさん、アナウンサーの逸見政孝さんがスキルスで命を失っています。少し前では元NHKアナウンサーの黒木奈々さんがやはりスキルスで若くして命を失っています。

遺伝子ばかりはどうしようもない?

遺伝子の影響となると、現代医学ではまだどうすることもできない領域となります。宮迫さんも一説にはスキルス胃がんの初期だったという話があります。

もしそうだとすると、やはり早期発見は重要ということになります。生活習慣が原因でない限り予防は目に見える形としては少し難しい。そうなると早期発見のための定期的な検査をしていくことは最低限しておいたよいとは思いますが、癌の発見となると早期発見できるかどうかはがんの種類にもよります。

遺伝子検査という方法も

胃がんや大腸がんであれば、内視鏡検査を受ければ比較的早期に発見ができますが、膵臓がんや肺がん、その他のがんに関しては必ずしも簡単には見つけられません。

最近では唾液で遺伝子を検査して将来的な病気の胃がんのリスクを調べることもできます。検査キットはネットでも販売されています。個人的にはネットでの遺伝子検査は精度に疑問がありますのであくまで簡易検査と思っておいたほうがよいでしょう。

やはり遺伝子を検査するなら、専門の医療機関で遺伝子検査を受けたほうがよいと思います。ただこれはがん予防、そして自分がどのような病気になりやすいかを知っておくという点では有効なツールといえます。

最新の遺伝子検査はがんになる前の状態でも血液から発見することが可能になってきています。

 関連記事

www.kenkou-up.xyz

 

普段から不健康の芽を詰んでおくことが肝要

遺伝子検査は事前に病気の傾向をしっておく、そしてこれから罹りそうながんも想定できますのでかなり有効です。費用が罹る点が難点ではありますが、命のことを思えば、一度は受けておいたほうがよいと思います。

そして、少なくとも健康診断を定期的に受けることは必要かとは思いますが、それよりもがんになるリスクを可能な範囲で普段から低下させておくことが重要です。

このブログでも呆れるほどお伝えしてきていますが、ストレス、運動、睡眠、食事の見直しなどは地味ですが有効ながん予防、がん治療に貢献できる方策です。

以下の点はしっかり改善させましょう

以下の項目の影響を受けている人は将来がんに罹るリスクがかなり高いかもしれません。地味ですが物凄く大事なことです!!

  • ストレス
  • 運動不足
  • 睡眠不足
  • 食事の乱れ(特に腸内環境)

私個人としても、ストレスや運動不足、そして睡眠不足がどれほど自分の体に悪影響があるのかを体感的にリアルに実感してきました。誰でもそうなのですが、いたって体調を崩すときはストレスや睡眠不足、或いは偏った食生活が続いた時が多いのではないでしょうか。

それだけ常日頃の生活スタイルが、自身の健康に影響があり蓄積していることの証明となります。それは良いことでも同じく蓄積していると考えると、より生活の質を高めていくことは重要と思います。

癌の場合は厄介なのが蓄積期間が長く、症状として軽い内には殆ど身体は教えてくれないという点です。そうなるとやはり規則正しい生活をしながら年に1回は定期検診。そして数年に一度は胃カメラ、大腸カメラなど詳細を調べる検査をすることが必要です。

生活に余裕のかる人は未病を発見できるミルテル検査などの遺伝子検査をお金をかけて受けておくことがおすすめです。

自分が病気になってしまうと困る人がいるのであれば、尚の事健康管理はしなくてはなりませんので。

関連記事

www.kenkou-up.xyz

 まとめ

  • 胃がんでピロリ菌以外の原因は複数ある。
  • ストレス、遺伝子、喫煙、飲酒、不規則な生活など。
  • 毎日の運動やストレス解消は地味だががん予防効果は大きい。

寒い冬などはなかなか効果的な運動などがしにくいものです。運動不足は免疫力を下げてしまい、がん細胞を増えやしてしまう原因になります。そしてストレスも同様です。

胃がんの原因にはピロリ菌以外にもあることを知っておき、普段からの規則正しい生活と定期検診をしっかりしておくことが地味ですが最良のがん予防策だと思います。