免疫力を高めよう!がん克服のためのページ

癌の知識、治療のあれこれ、免疫力、癌と向き合うメンタリティ、イメージング、食事、最先端医療などの情報をお届けします。

NHKスペシャル『人体 神秘の巨大ネットワーク(4)万病撃退!腸が免疫の鍵』を観た感想

f:id:immunityup:20180115002503j:plain

出典:http://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20180114

2018年1月14日にNHKスペシャル『人体 神秘の巨大ネットワーク 万病撃退!腸が免役の鍵』が放送されました。

これまで人体の持つ不思議なネットワークと健康に関してフォーカスしてきた番組ですが、今回は腸と免疫力の密接な関係についてわかりやすく放送されていました。

今日はこの番組を観た感想や、がん治療や病気に関連して腸と免疫力の重要な関係について考えたいと思います。

 

 腸内環境が免疫力の『独立機関』

 番組では、腸がいかに免疫力に直結しているのかという部分を視聴者にわかりやすく解説していました。中でも特に印象的だったのは、腸は免疫力の独立機関として機能している部分です。

腸には2つの側面があるという風に番組では表現されていました。それは、水戸黄門の助さんと格さんに例えられていました。

助さんとしては『腸内細菌』格さんとしては『免疫細胞』です。腸は腸内細菌と免疫細胞の2つに非常に密接に関係しています。

腸内細菌の数

腸には腸内細菌が沢山生息していることは、あなたもよくご存知だと思います。腸内に生息している細菌の数をあなたはご存知ですか?

腸内細菌の数はなんと100兆個以上といわれています。人間の体を構成する細胞は数十兆個といわれていますから、腸内細菌の数がいかに多いのかお分かりいただけると思います。

それほどまでに腸内細菌は人間にとって必要であり、さまざまな種類の腸内細菌が密接にその役割を腸と連携する形で共存しているのです。

他の臓器と腸とで、決定的に違うのは腸内細菌との共存です。腸内細菌は外部的な存在です。人間の細胞の一部というわけではありません。

腸はその細菌と連携を取って人間の健康を維持しています。ある腸内細菌は有害物質を食べたり、ある腸内細菌は腸に活発に動くように信号を出したりします。

よくよく考えたらすごい話です。人間の細胞ではない腸内細菌と腸が連携をしているのですから。

免疫細胞と腸の関係

そして腸壁には沢山のヒダのような絨毛(じゅうもう)という突起したものが縦横無尽に沢山あります。その絨毛の中には大量の免疫細胞たちが貯蔵されているのです。

f:id:immunityup:20180114225520j:plain

出典:http://www.asahigroup-holdings.com/research/group/report/report27.html

外から入ってきた菌やウィルス、あるいはその他の物質が、絨毛の間の一部から取り込まれます。樹状細胞が異物を取り込んで解析します。そしてリンパ球などへ情報を運び、その異物が有害なのかどうかを教育します。

教育された免疫細胞達は、血液に乗って全身へと流れて行き、自分の持ち場へ移動し、体外から侵入してきた物質が人体に有害な物か安全な物か判断し対応します。

 正に腸は全身へ派遣される免疫細胞の貯蔵と独立した教育機関という役割があります。

腸の面積

f:id:immunityup:20180115162041j:plain

出典:NHK

意外に驚いたことは腸の面積です。腸の長さは個人差はありますが約8メートルくらいです。しかしその腸を全て展開して広げてみると、約32㎡くらいの広さがあるといいます。

畳でいうと20畳くらいの広さとなります。これほど広い面積を持った腸を使って私たちは栄養や水分を吸収したり、腸内細菌と共存し免疫細胞たちを確保しているのです。

 

アレルギーや病気と腸内細菌の関係

 以前からこのブログでも腸内環境と免疫力の関係について考えてきましたが、今回のNHKスペシャルでは、より具体的に病気ととある腸内細菌についての関連性について放送されました。

番組で取り挙げられた病気の種類は2種類あります。

  • 多発性硬化症
  • 極度の食物アレルギー

多発性硬化症は神経難病です。脳や脊髄など炎症がおきて運動麻痺、しびれ、感覚の麻痺やときに視力障害が発生し生活が非常に困難になります。

そしてアレルギー性の疾患は、主に食物アレルギーなどに代表されるように、何かを食べたときにおこるアレルギー反応です。

番組ではこの多発性硬化症の患者と、かなりの品目に対して食物アレルギーを持っている人に共通する腸内細菌の状況について注目していました。

この二人の違う病気を持つ患者さんの腸内細菌を調べたところ、とらる腸内細菌が異常に少ないことがわかりました。

クロストリジウムが少ないと免疫細胞が暴走する

f:id:immunityup:20180115162207j:plain

出典:NHK

クロストリジウムとは腸内細菌の一種です。クロストリジウムといってもその種類は100種類はあるといわれています。番組では、多発性硬化症と食物アレルギーのどちらの患者さんも、このクロストリジウム属の腸内細菌が極端に少ないことがわかりました。

ここからは番組とは関係のない話となりますが、このクロストリジウムが少ないと免疫細胞のコントロールがおかしくなるというのは、国立精神神経医療研究センターなどの研究によってもわかってきたそうです。

それによると、この国立精神神経医療研究センターに通院中の多発性硬化症の患者さん20人の糞便を調査したところ、クロストリジウム属の腸内細菌が極端に少ないことがわかりました。

その他にも18種類ほどの細菌が健常者よりも少なかったそうです。このことは何を意味しているのでしょうか。ここからはまだ推測ではありますが、腸内細菌には非常に免疫系と密接にやりとりをする役割が様々な菌にあると思うのです。

参考情報:

プレスリリース詳細 | 国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター

クロストリジウムは免役暴走を抑える信号を出す

近年の研究によると、このクロストリジウムという腸内細菌には、免疫細胞の暴走をおさえるためのシグナルを発する役目があることがわかったそうです。

多発性硬化症やアレルギー疾患の患者さんは特にクロストリジウム属の腸内細菌が増えれば、病気が改善する可能性が高いのではといわれ、研究が行われているのです。

クロストリジウムは腸に対して免役の暴走をしないための信号を送ります。その信号を受け取った腸は、免疫細胞が暴走しないための細胞を生み出します。それが『Tレグ細胞』(制御性T細胞)です。

f:id:immunityup:20180115162445j:plain

出典:NHK

このTレグが免疫細胞の暴走を押さえて過剰にならないように調整しているのです。

クロストリジウムはどうやったら増やせるのか

番組では『食物繊維』を適切に摂ることが、クロストリジウムの改善に効果があるという話でした。食物繊維は腸内細菌の良質なエサになり有害物質を減らすことが近年の研究でわかっています。

腸内環境が悪い人は往々にして食物繊維が不足しているという指摘もあります。食の欧米化が原因という意見も多く出ていますが、これは正確には欧米化によって食物繊維の摂取量が減ったというのが正しい考えなのかもしれません。

あなたは食物繊維を適度に摂っていますか?

参考情報:大塚製薬

医療業界では医薬品としての研究がされている

医療の研究では、このクロストリジウムを増やすという発想ではなく、クロストリジウムが放出する、免疫力の暴走を抑える物質を、飲み薬として使えないか研究がされています。

現在、臨床的に多発性硬化症の患者さんに対して、この臨床薬をテストしているようです。番組ではこの試薬を飲み始めてから、患者さんの数値がやや改善傾向にあることが紹介されていました。

個人的見解ですが、クロストリジウム菌には種類が100種類ほどあるようで、どれが有害でどれが病気に有効なのか、またどれが他の健康に害をなすのか探すのに時間がかかるのかもしれません。それゆえに暴走を抑える物質そのものにフォーカスしたのかもしれません。

ひょっとしたら、食品メーカーがクロストリジウム入りのヨーグルトを作る日も近いかもしれませんが、前述のとおり、クロストリジウム属には100種類くらいの細菌がいるそうで、中には人体には有害な物もあるそうです。

より具体的な菌の種類が特定されないと、食品としては出てこないかもしれません。そういった理由から、飲み薬の研究の方が早いというのが自然な流れでしょう。

また軽度の食物アレルギーの人であれば、他の乳酸菌でも症状が軽減した話もあるので、まだわかっていない腸内細菌があるのかもしれません。

がん治療の観点からすると腸内環境を整えることが病気克服にも繋がる

多発性硬化症やアレルギーなどは免疫力の暴走です。しかし、免疫力は暴走だけではなく、機能低下もします。腸内環境が悪ければ免疫力に確実にマイナスの影響があると感がられます。

このブログでも以前書きましたが、アトピーの人が乳酸菌飲料を飲み続けていたら大幅に改善したり、花粉症の人が、「強さ引き出す乳酸菌」というキャッチコピーでお馴染みのドリンクを飲んでいたら花粉症が軽くなったという話もあります。

その人にフィットし、不足している乳酸菌を定期的に摂取することができ、免疫力が安定した可能性が高いです。食物繊維と乳酸菌は健康管理にかなり有効な天然成分といえると思います。

下手な健康食品を摂り入れる前に、一度は見直しておきたい事柄です。

NHKスペシャル『人体 神秘の巨大ネットワーク(4)万病撃退!腸が免疫の鍵』の再放送

このNHKスペシャル『人体 神秘の巨大ネットワーク(4)万病撃退!腸が免疫の鍵』の再放送は2018年1月31日水曜日 午前0時10分~0時59分(30日深夜)に予定されています。

本放送を見逃した方は是非再放送を御覧ください。

 関連記事

www.kenkou-up.xyz

 まとめ

  • 腸は免疫力と、腸内細菌の2つの大きな要素によって健康を支えている重要な器官。
  • 病気の原因に腸内細菌が関わっている可能性がある。
  • 多発性硬化症やアレルギーには、クロストリジウム属菌の減少が示唆されている。
  • 食物繊維や乳酸菌は腸内環境を整えて免疫力を正常化する可能性がある。

腸は第二の脳ともいう重要な器官です。決して食べ物や水分を吸収するためだけのものではありません。少なくとも、食物繊維(水溶性・非水溶性)や乳酸菌をバリエーションをつけて摂り入れることが免疫力改善に効果的だということを再認識しました。

 

たまには熱を出すのは良いこと

f:id:immunityup:20180109172504j:plain

新年明けましておめでとうございます。年明け早々に風邪を引いてしまいました。大晦日から急な発熱と筋肉痛。若干の喉の痛みが出てダウンしてしまいお正月は文字通りの寝正月と化してしまいました。

いわいる休日に入ると体調を崩す典型的なパターンに陥ってしまいました。現在はまだ咳は残っていますが、ほぼ回復しています。しかし高熱が出たのでインフルエンザかと思いましたが、実際は風邪でした。

人間気を張っている時は頑張れるもんですが、やはり気を緩めた瞬間に調子を崩すものですね。振り返ってみると、ここのところ睡眠不足、食事のバランスが崩れている日々が少し続いていました。人に健康管理を勧めておいて、自分がこれでは恥ずかしいばかりです。

そこで今日は発熱について少しフォーカスしてみたいと思います。人間、たまには熱を出すのもいいのかもしれないという点について考えてみたいと思います。

 

 たまには熱を出すのも良いこと

普段の不摂生が祟って風邪を引き、高熱を出し咳き込む今日このごろの私がいうと説得力に欠けるのですが、たまには熱を出すということはデトックスやがん予防の観点からは良いことと思います。

今回、私は風邪を引いて珍しく39度の高熱を出しました。病院でインフルエンザの検査をしましたが、結果は(-)マイナスでした。検査を受けたのが早すぎたのかなとも思いましたが、喉の痛みがあったり、鼻水が多く出てきたことから風邪という判断となりました。

風邪で発熱をすると一見体が弱っていて、それは問題だと思いがちですが、広い目で見るとこれはある意味体にとっては良いことと捉えられる場合があります。

発熱のメカニズムとして簡単に説明すると、風邪のウィルスが体内に入ったことで、免疫活性食細胞が「サイトカイン」という物質をつくります。

サイトカインはメディエイトという脳へ届くことができる物質をつくり、脳の視床下部にある体温調整中枢に届き、発熱をするように促します。この指示によって、体は発熱を始め、免疫細胞が活性化し体内に入ったウィルスと戦うのです。

この発熱によって、白血球が非常に活性化します。体温が平熱より1度上昇すると、免疫力は30%ほど活性化するともいわれています。白血球が活性化するとウィルスだけでなく、体内に日々発生しているがん細胞をも除去することに貢献することがいわれています。

これがたまには熱を出したほうが良いという言葉の意味です。

注目記事:がん治療から「未病発見」で病気になる前にがん予防、最新の遺伝子検査

歳を取ると風邪を引きにくくなる理由?

これはあくまで一説ということですが、高齢になると風邪を引きにくくなるといいます。それは若い頃から風邪を引き続け、風邪のウィルスのさまざまな抗体を持っているから、よほど珍しいウィルスに感染しない限りは風邪を引くことが少なくなるという話があります。

風邪のウィルスは100種類以上存在するといわれています。人間は症状が重度軽度問わず、毎年風邪のウィルスに感染している可能性があるといいます。症状が出る出ないに関わらず、仮に年間2種類のウィルスに感染していれば、60年で120種類のウィルスに感染し抗体を獲得したことになります。

一度抗体を獲得したら風邪のウィルスの場合は、基本的に再度感染してもダメージを受けることはないといいます。インフルエンザウィルスと違って風邪のウィルスは変異が殆どないそうです。ですので抗体を作ってしまえば、同じウィルスには強いのです。

高齢になると、基本的な免疫力は若い人よりも下がっているはずなのに、風邪を引きにくくなるのはそういった理由からという説があります。これは都市伝説という話もありますが、なんとなく私は納得しています。

 

風邪を引かない=健康とは限らない

ですから歳を取れば取るほど、たまの発熱はがん予防や健康維持のためにも必要なのではと思うのです。風邪をひかないから私は健康とばかりおもっていたら、実はがんは進行していたというパターンがあります。

がんと風邪のウィルスは性質が全く違うので「風邪すら引かないから私は健康そのもの」とはならないのです。

風邪やインフルエンザで高熱を出した場合は、それだけ体内のがん細胞を減らすことができたと考えると、体調を崩した甲斐があるってものです。ただ免疫力を上げるために無理に熱いお風呂に入ったりしないように注意してください。

適切な入浴はとても免疫力のアップに関しては効果的ですが、熱すぎるお湯は血栓ができやすくもなるので注意が必要です。血液がドロドロの人が熱いお湯に長く入ると、血管が拡張しきって血流がゆっくりになります。

ドロドロ血液だと血流が遅くなったことが原因で血栓ができるのです。血行が良くなると思って熱いお風呂に入ったら逆に血栓ができたとなっては本末転倒です。特に冬場はお風呂での血管トラブルが多いので高齢者の方は気をつけてください。

なるべく適度な筋トレやウォーキングで基礎体力、代謝力を上げて基礎的な体温を自然と上げる方が、長い目で見た場合に明らかにがん細胞を減らることに貢献できます。猫背を治し姿勢を正すだけでも体温や代謝力はあがります。

低体温ほどがん細胞は増えやすい

目指す体温は36.5度です。女性や高齢者だとかなり厳しいハードルの高さとなりますね。ただ少なくとも36度以上を目指して体温を保つようにする努力が必要です。

がん細胞は36度を下回ると、どんどん増えやすくなるといいます。がん患者の体温を調べると36.5度以下の患者さんが70%という話も聞いたことがあります。

もちろん、このブログでも何度も言っていますが、常に例外があります。がんでもウィルスが原因であったり遺伝子の影響が色濃く、体温なんてまったく関係がない場合もあります。

とはいえ単純に体温が高いほうが免疫力が高いというのは自然の理なので私自身、今年は自身の代謝力アップを目指して健康管理を進めていきたいと思っています。

注目記事:宮迫さんに見る胃がんの前兆や初期症状。食欲は関係があるのか?

まとめ

  • たまには高熱を出すのもデトックスの観点からは良いという考え方がある。
  • 体温を高く保つことが免疫力を高めるコツ。
  • なるべくウォーキングなどで筋力や持久力をつけて体温を上げることが望ましい。

体温はとても重要な健康の要です。体質的に体温は昔から低いからといってないがしろにしていると思わぬことになりかねません。体質はある程度は変えることが可能です。

運動や食事などの健康管理だけでなく、最近では漢方で体質を変えていくという選択肢もあります。がん予防、がん治療にも体温は必要なチェックポイントです。

 

がん治療はオーダーメイドの時代へ。ようやく次世代シーケンサーの導入が本格化。

最近では、がん治療の治療において、『オーダーメイド』というキーワードが盛んに叫ばれるようになってきています。

がん治療でオーダーメイドとは具体的にどのようなものなのでしょうか。今日はがん治療のオーダーメイドについて少し掘り下げてみてみたいと思います。

 

 がん治療のオーダーメイドとは?

がん治療のオーダーメイド化について、国立がん研究センター中央病院は来月からがん患者の遺伝子の情報を検査、解析し適切な先進医療を行えるようにするための『がんゲノム医療』というものを先進医療として、厚生労働省に申請をするという情報がありました。

日本よりもアメリカではこのゲノム医療はいち早く導入されています。がんゲノム医療とは、がん患者の臓器ではなく、遺伝子をより詳細に解析してその変異に応じた効果の高い抗がん剤を選択し治療するというものです。

このがんゲノム医療のメリットは、がん細胞に対してより高い効果が得られる抗がん剤の選択や、より副作用の少ない抗癌剤の選択を目的としているようです。私の知る限りでは、アメリカでは多種多様な癌に対する治療にも高い効果を発揮しているそうです。

これまでの抗癌剤治療は、ざっくりと言えば場当たり的に薬を使用していました。その薬がどの程度がん患者に効果をもたらすかはやってみないとわからないものでした。

もちろん遺伝子情報を解析したからといって効果が絶対あるかどうかは未知数ですが、少なくとも、より効果的な薬品を投与前からある程度選択することができるようになるということです。

日本でのゲノム医療の対象者は?

このゲノム医療の導入は、現時点ではあくまでがんの再発やがんの進行が進んでしまったことによって、標準治療を受けることが難しくなった患者が対象となるようです。オーダーメイド化を歓迎したい反面、この方針は残念極まりません。

おそらく、試験的な治療であることと、進行がんに対しての効果測定の意味あいが強いものと思われます。どうせやるなら、比較的ステージの低いがんに対しても標準治療を無視してやってほしいと思うのですが。

がんの進行の状態に限らずデータをとるべきと思うのですが、あくまで標準医療にこだわるところが残念です。とはいえ、ゲノム医療の効果がある程度わかればようやくそこから全国的に導入という形になるものと思われます。

少しでも早く良いものは普及をしてほしい限りです。

がんゲノム医療の費用は?

これまで日本でも一部の病院や自由診療の病院などがいち早く臨床してきましたが、ここにきてようやく国も動き始めたようです。このがんゲノム医療、つまりオーダーメイド治療ですが、検査費用が数十万円ほどかかるようです。

さすがに高額ですね。これでは検査を受けられる人が限られてしまい、検査の普及に繋がらないということで、国立がん研究センターは保険適用を目指して申請をするということです。

次世代シーケンサーの導入がようやく日本でも本格化か。

<次世代シーケンサー イルミナ社製>

f:id:immunityup:20171227111002j:plain

出典:https://jp.illumina.com

がんの遺伝子情報を解析する装置には次世代シーケンサーというものを活用します。これは、2000年代にアメリカで登場しました。これまで遺伝子解析をするシーケンサー自体はありました。

次世代シーケンサーは遺伝子の塩基配列を計算する速度が従来のシーケンサーと比べて段違いに早くなったものです。これの出現によって非常に短時間で遺伝子解析ができるようになりました。

従来型のシーケンサーでは、遺伝子の塩基配列を解析するのに10年以上もかかっていたものが、次世代シーケンサーでは数日で解析するほど高速になっています。

この次世代シーケンサーが、がん治療だけでなくあらゆる医療において大きな役割を今後担っていく可能性が高くなってきています。コンピューターの演算処理は日進月歩です。いずれ圧倒的に短時間で遺伝子解析ができる時代がもうすぐそこまで来ています。

アメリカは圧倒的に技術が進んでいる

アメリカはこの次世代シーケンサーと人工知能(AI)を組み合わせたテストを既に始めています。具体的にどういうことかというと、これは画期的ですよ。

患者の遺伝子情報をAIに伝えます。そしてAIはビッグデータと患者の遺伝子情報を照らし合わせ、最適な薬や治療法を提案します。

参考:IBM(英文)

www.ibm.com

つまりこれまで医師が薬や治療法を決めていましたが、アメリカがまだ試験的ではありますが、試しているのはIBM社のワトソンというAIが薬や治療法を決めるというものです。とあるリンパ腫の患者に対してこの方法を試したところ、非常に効果的な抗癌剤治療ができたというニュースを以前見た記憶があります。

試験的といってもアメリカでは規模が違います。ワシントン大学、ニューヨークゲノムセンター、その他の著名大学14箇所、そしていくつかの医療機関が連携してこのプロジェクトを推進しています。

アメリカでのAIを使ったゲノム医療の対象となる癌は以下のとおりです。

  • メラノーマ
  • 膵臓がん
  • 卵巣がん
  • 肺がん
  • 大腸がん
  • 乳がん
  • 脳腫瘍
  • 悪性リンパ腫

これらの癌の治療効果がどれほど高まったのかはまだわかりません。今後の情報を待ちたいと思いますが、従来型の治療よりは大幅に成績が良くなるのではと期待されます。

このやり方は、現在日本でも公益財団法人がん研究会とITベンチャーのFRONTEOヘルスケアとの共同研究において2017年より始まっています。それによると、乳がんと肺がんを対象として臨床を5年以内に開始するそうです。

参考:【からだのレシピ】ゲノム+AI=患者に最適ながん治療法 - 産経ニュース

5年以内、、、遅いですね。もっと早くならないものでしょうか。とはいえ、日本でもAIと次世代シーケンサーを本格的に活用する時代に入り始めたものと思われます。

既に次世代シーケンサーの知識のある日本の富裕層は、アメリカで遺伝子検査をしている人もいます。今後は、美容、アレルギー、がん治療などの分野で次世代シーケンサーが活用されていくとこでしょう。

まとめ

  • がん治療はオーダーメイドの時代にようやく入りはじめた。
  • がんゲノム医療は遺伝子解析をして治療法を選ぶ方法。
  • 遺伝子解析には次世代シーケンサーが活躍。
  • アメリカではAIに治療法を決めさせる方法を導入中。

 がん治療のオーダーメイド化、遺伝子解析、AIによる治療法の選択、これらの導入が一般化されるまでにはまだ時間がかかりそうです。とはいえ、医療は日々進化をしています。

ただ患者さんの中には時間がない方も多いのが現状です。1分1秒でも早い導入が求められます。ただ個人的には、がん治療に関してはどうしても『近赤外光線免疫治療法』に一番期待を寄せてしまいます。

 

www.kenkou-up.xyz