免疫力を高めよう!がん克服のためのページ

癌の知識、治療のあれこれ、免疫力、癌と向き合うメンタリティ、イメージング、食事、最先端医療などの情報をお届けします。

がんに地域差はどの程度関係しているのか?乳がんは東京に多い?

f:id:immunityup:20170626164724j:plain

がんと地域差の調査は近年行われるようになってきています。がんの人が多い地域とはどのような傾向があるのでしょうか。そしてそれはどの程度信憑性があるのか。

また、がんの地域差のデータから乳がんが最も多いのは東京というデータも出ています。これは一体なぜなのか。

今日はがんと地域との関係や乳がんが東京に最も多い理由に注目してみたいと思います。

 

 がんは都道府県、住んでいる地域によってかかりやすさがあるのか?

がん患者の発生件数が多い地域とはどこなのか?そもそもそれほど地域差があるかどうなのかも気になるところです。以前は乳がんは京都に多いと盛んにいわれていましたが、最近ではどうなっているのでしょうか。

国立がんセンターでは各都道府県ごとにがんと診断された人の数や死亡率などをまとめたデータを発表しています。そのデータからいろいろなことが見えてきます。

f:id:immunityup:20171215120833j:plain

出典:https://style.nikkei.com/article/DGXKZO05992250S6A810C1TZQ001

画像は2012年のがんと診断された患者の割合の全国比較のデーターです。これによると、胃がんでは秋田県が男女ともに1位となっています。肺がんは石川県、そして乳がんは東京都が顕著に多いことがわかります。

このデータから何かが見えてくるのでしょうか。このようなデータや地域性から病気の傾向を研究していくことを『地域相関研究』ともいいます。数値をよくよく見ていくと、それぞれ、1位になっている都道府県に関しては、2位以下と比べるとやや数値は高い傾向にあります。

しかし2人や3人程度の違いであれば、相対的にはそこまで大きくないと考えることもできます。あくまで人口10万人あたりでの計算ということを考えると、地域相関研究は必要ではありますが、そこまでがんの発症に関しては地域差がないのではないかとも見て取れるのです。

<注目記事>
www.kenkou-up.xyz

 地域的には寒い地域にがんが多い?

東北や寒い地域に病気が多い傾向というものはひょっとしたら少なからずあるのかもしれません。寒さは病気に関してはリスク要因にはなりえます。

北国で病気になりやすくなると考えられる理由
  • 寒いと血行が悪くなる。
  • 寒さストレスがかかる。
  • 塩分もしくはアルコールの多い食文化
  • 運動不足

極めて単純で浅い想像かもしれませんが、寒い地域というものは上記の傾向にあることは十分考えられます。寒さは血圧、血管のトラブル、心疾患、脳疾患の引き金になりやすいことは周知の事実です。

これらの上記要因で、がんに関してと限定すれば、塩分はピロリ菌の保持者であれば胃がんに影響するくらいかと思われますが、それ以外の項目はがんの発症に大いに関係がありうると思います。

血行不良やストレス、アルコール、運動不足は大いにガンの発症リスクを高めます。とはいえ地域差ががんの発症に決定的な何かがあるかというとほぼないのではないでしょうか。

 <関連記事>

www.kenkou-up.xyz

がんの発症は地域差だけでは到底測れない。

上記のデータからは地域差が本当にがんの発症に影響しているかどうかというと疑問があります。そもそもデータではがんと診断された人をざっくりと集計したもののようです。

難しいこととは思いますが、正確な診断をする場合は、年齢層やどれだけの期間そこに住んでいたのかも限定しないと判断は難しいです。もちろん単純にあくまで地域差がどの程度あるのかを調べてまとめたデータではありますので、細かいデータがないかどうか今後調べてみます。

がんの発症が地域差で10%以上も違うとなるとそこには何か理由があるのかもしれませんが、先述のように年齢、居住年数などを限定しないと参考にはなりません。

 

乳がんは東京が多い理由とは?

f:id:immunityup:20171215123025j:plain

先程のデータをもう一度確認してみましょう。データ一番右の乳がんの数値を御覧ください。1位の東京都と2位の福岡県以下との差に大きな開きが出ています。

単純にこれだけを見ると東京に住んでいると乳がんが発症しやすくなる!なんて勘違いする人もいるかもしれませんが、それは間違いです。

普通に考えればわかることですが、東京は独身女性の数が多いことや、地方から状況してきた女性も多く含まれているはずです。乳がんの発症リスクには未出産や女性ホルモンの分泌期間などが影響します。

そのことを考慮すると、東京では乳がんと診断された女性が比率として多いことはデータの通り明確な事実ではありますが、東京に住んでいるから乳がんになりやすいという理由ではないので誤解しないように気をつけたいところです。

がん発症の原因は人それぞれで複合的な要因もある

がんの発症は遺伝子、生活習慣、ストレス、化学物質、ウイルスなど原因はさまざまです。人にはそれぞれの遺伝子、生活や考え方、生き方があり、がんはそれらの要因を色濃く受けます。

遺伝子的に問題があってがんになってしまう人もいれば、食事が偏食すぎたり、ストレスに長期間さらされてしまったり、単純に加齢であったり、発症理由はさまざまです。

現代の医療では、その人のがんがどんな理由で発症したのかを特定することは、上記の複雑な要因が沢山あるために判断できません。そう考えた時に、私達の立場としては、地域性を考えたところで、有益なものには結びつかないのではないでしょうか。

もちろんデータの研鑽、意外な発見がある可能性も否定できないため、調査は必要かと思いますが、われわれ一般人に対してはそこから学ぶものは今のところ少ないようです。

<注目記事>

www.kenkou-up.xyz

 まとめ

  • がんと地域差に関して、数値で若干の差が確認できるが殆ど僅差と考えて良い。
  • 東京に乳がんが多いのは、データだけでは明確な理由は判断できず他の理由もありうる。
  • 正確なデータとしては年齢、その地域の居住年数も考慮する必要がある。
  • がんの原因は人それぞれであり、地域性はあまり参考にはならない。

 私もかつてはがんの罹患率に関しては地域差を気にしたこともありました。しかし乳がんの原因一つとってみても、人それぞれに原因があるので、それを考えると地域差なんてどうでも良いことに気づきます。

問題はどう予防するのか、病気になってしまったのなら、今できる最善の方法は何なのか。それをどうチョイスしていくのか。そのためにより多くの情報を調べ、学び、取捨選択する力が必要です。

今後もよりリテラシーを踏まえながら、知識を高めていくことが必要です。

 

がん治療から「未病発見」で病気になる前にがん予防、最新の遺伝子検査

これまでの医療は「治療」すなわち病気になってしまった後にどうするかが争点でした。最近では予防医学ということばが盛んに聞かれるようになってきましたが予防医学といっても最先端はもっと具体的に突っ込んだ時代に入っています。

今は未病、つまり病気になる前の段階を発見することで病気を防ごうという時代です。今日は未病発見ができる最先端のがん予防に注目してみたいと思います。

 

がんになる前に身体が病気に罹りやすいのかを発見する「ミルテル検査」

 最新の医療として注目されつつある検査が注目されつつあります。それは未病の段階で将来がんになるリスクを発見し、病気が発現する前に手を打つというための「ミルテル検査」というものです。

ミルテル検査とは、かいつまんでいうと、染色体のテロメアの状態をみることで将来病気になるリスクを事前に発見する検査です。「テロメア」とは一体何のことでしょう。

テロメアとは細胞の染色体にあるキャップのようなもので、細胞分裂を繰り返すたびにテロメアは減っていきます。

ミルテル検査には2種類の検査がある

  • 1)テロメアテスト(テロメア強度)


テロメア強度

テロメアが短くなるにつれ、病気に罹りやすくなることがわかっています。要はテロメアは細胞分裂の回数券の様なものです。回数券であるテロメアが無くなると細胞は細胞分裂をしなくなるのです。

テロメアの短さとがんや認知症、心筋梗塞や脳卒中には深い関係があることがわかっています。そしてテロメアの長さは生活習慣などの大きく影響することもわかっています。

参考サイト

www.oscl.jp

高齢になればなるほどテロメアの長さは短くもなります。テロメアの長さを知ることで、あなたの現在の細胞の消耗度を知ることができるのです。

細胞分裂する細胞が減ってくる。これが老化と考えても間違いではないでしょう。そのテロメアの長さを検査で知ることで、現在の自分の老化の状態、将来自分が病気に罹りやすくなっているのかがわかるので、まさにこの検査こそ一般に普及するべき検査と思います。

  • 2)ミアテスト(未病リスク検査)

ミアテストは未病の段階で病気を発見する検査です。この検査では何を調べるのかというと、血液中のマイクロRNAという微粒子を測定します。このマイクロRNAは病気になると、細胞から分泌される遺伝子です。

f:id:immunityup:20171211173743j:plain

出典:https://www.oscl.jp

腫瘍マーカーなどの検査と比べると格段に精度が高く、病気になる前の段階で、つまり未病の段階で将来のがんや認知症などになるかどうかの予測ができます。この段階で将来異常が発生することを事前に察知することで、病気が出現する前に様々な対策を打つことができるのです。

ミアテストが有効なものには以下の病気を未病段階で予測することができます。

ミアテストで見つけられる病気のリスク

<がんの場合>

  • 胃がん
  • 乳がん
  • 大腸がん
  • 肺がん
  • 肝臓がん
  • 脳腫瘍
  • 膵臓がん
  • 甲状腺がん
  • 卵巣がん
  • 子宮がん
  • 頭頸部がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん

<その他の病気>

  • アルツハイマー
  • 認知症

事前に検査をすればこれらの病気が、病気を発症する前にかなりの確立で発見できます。がんだけでなく認知症、アルツハイマーなども早めに発見することで発症を抑える投薬治療ができます。

現代では事前にリスクを発見することさえできればアルツハイマーなどになるリスクは格段に抑えられるようになりました。

発症してからでは進行を遅らすことしかできなくなるのがアルツハイマーです。ですので、ミアテストで事前に発症リスクを知っておくことは非常に有効な予防措置といえます。

テロメアテストやミアテストの検査方法は?

テロメアの検査は5mlくらいの血液検査で検査が可能です。個人的にはテロメアテストやミアテストを行っている医療機関で検査を受けることをおすすめします。

家庭用に簡易的になテロメア検査キットが販売されていますが、検査制度に疑問があります。あくまで簡易的と捉えたほうが良いでしょう。検査のたぐいは基本医療機関で受けるほうが確実です。

ミルテル検査(テロメアテスト・ミアテスト)の料金は?

これほど良い検査ではありますが、残念ながら保険が適応されませんので全額負担となります。価格はおおよそ癌やアルツハイマーで60,000円程度となっています。非常に高額な点が残念なのですが、病気を発症してからではなく、未病段階で発見できるので費用対効果は消して高くは無いと思います。

検査の普及が検査料金を下げることにつながりますので、今後の進展に期待したいと思います。

まとめ

  • テロメアが加齢や生活環境で消耗してくると病気に罹りやすくなる。
  • 癌や認知症を早期発見するには、テロメアテストやミアテストを受けるほうが確実。
  • 遺伝子検査は家庭用キットよりも医療機関での検査の方が信頼性が高い。

がんなどの病気は、やはり早い段階で発見するに越したことはない病気です。しかし発病してからではやはり精神的にも大変なものがあります。ミルテル検査は発病前に知ることができる画期的な遺伝子検査です。

事前にわかれば、がんやアルツハイマーなどは対処が非常にしやすくなるのです。日本での普及はまだまだこれからですが、早期に普及してほしい画期的な遺伝子検査だと思います。

 

発がん性の疑いがある添加物「人工甘味料」アスパルテームについて

発がん性のある食品添加物の中には人工甘味料にも安全性に疑いのかかった物が含まれます。人工甘味料といってもいろいろありますが、今日は発がん性の疑いのある添加物の中でも代表的な人工甘味料について注目してみたいとおもいます。

発がん性の疑いがある人工甘味料というものはどのようなものなのでしょうか。

 

 発がん性の疑いのある人工甘味料

f:id:immunityup:20171129144304j:plain

人工甘味料は今やあらゆる加工食品に使われている人工的に生成された甘味料です。人工甘味料は食品衛生法の指定添加物に該当し、その使用を正式に許可されている添加物です。

人工甘味料はそもそも何のために使われているのでしょうか。 まずは甘味料にはどのような種類が存在しているのか確認してみましょう。

甘味料の分類

甘味料は大きく分けて糖質系甘味料と、非糖質系甘味料に分けられます。

<糖質系甘味料>

  • 砂糖
  • でん粉由来の甘味料:ブドウ糖、麦芽糖、果糖、水あめ、異性化糖
  • その他の糖:フラクトオリゴ糖、ガラクトオリゴ糖、トレハロース、乳糖等
  • 糖アルコール:ソルビトール、マンニトール、マルチトール、還元水あめ、キシリトール、エリスリトールなど 

<非糖質系甘味料>

  • 天然甘味料:ステビア、甘草、ソーマチン
  • 人工甘味料:アスパルテーム、アセスルファムK、スクラロース、サッカリン

人工甘味料は非糖質系甘味料に分類されます。

人工甘味料がなぜつかわれるのか?その理由や背景

 人工甘味料が企業の食品づくりで多く採用されている理由には大きく分けて2つあります。

  • コスト削減
  • ヘルシー志向

一つはコスト削減です。人工甘味料は砂糖と比べて非常に少量で甘みを強く感じる成分です。そのため従来、大量の砂糖を使用していたものに対して、少量でも同等の甘みをもたせることが人工甘味料なら可能となります。

サッカリンという人工甘味料が昔からありますが、サッカリンなどは砂糖の500倍の甘さを感じる甘味料として有名です。その他の甘味料も100倍から200倍など甘さを強く感じる人工甘味料が沢山存在しています。

そのために人工甘味料が多くの加工食品には添加されるのです。そしてもう一つの理由に、ヘルシー志向の影響があります。人工甘味料は甘さは感じますが、熱量としてのカロリーは0カロリーもしくは限りなく0に近いものが多く出回っています。

ダイエット志向、ヘルシー志向の強い最近の消費者に対しては、格好の宣伝材料となります。そういった昨今のヘルシー志向に対しても人工甘味料は低コスト、低カロリーということ、そして企業と消費者のニーズがマッチしたために頻繁に使用される時代になったのです。

発がん性の疑いがかかっている?人工甘味料アスパルテーム

ではここからは発がん性があるのではないかといわれている人工甘味料のアスパルテームについて見ていきましょう。

アスパルテーム

アスパルテームはサッカリンと並び人工甘味料の代表格的な存在です。アスパルテームは1965年にアメリカで開発されました。アスパルテームはフェニルアラニンとアスパラギン酸という2つのアミノ酸を使って造られる人工甘味料です。

日本を代表する企業『味の素株式会社』が最新のアスパルテームの「製法」を開発しました。製法の国際特許を取得しており、北米やヨーロッパで特許を取得しています。

アスパルテームの特徴
  • 低カロリー
  • 同量で砂糖の100倍から200倍の甘さを持つ
アスパルテームの製品別使用割合

f:id:immunityup:20171130110632j:plain

人工甘味料のアスパルテームが最も使われているのはお菓子類と清涼飲料です。その他、漬物やヨーグルトや乳酸菌飲料などの乳製品が多いようです。

アスパルテームの影響が疑われている病気の原因
  • がん
  • 脳腫瘍
  • 成長障害
  • 失明

発がん性を指摘された実験

アスパルテームに関してはスポーツドリンクを筆頭にヨーグルトやカロリーオフを謳った食品に沢山使われている人工甘味料です。発がん性を指摘したのは、マウントサイナイ医科大学Morando Soffritti博士のマウス実験です。

実験を掻い摘んで解説すると、マウスの胎児から死ぬまでの間に許容量の二倍のアスパルテームを投与し、その結果癌の発病率に優位性がみられたとのことです。

ヨーロッパ食品安全審査局(EFSA)の見解

これに対して、ヨーロッパ食品安全審査局(EFSA)は、この実験にはマウスに対しての、アスパルテームの物理的作用に関わる容量や濃度などの作用強度が正確に示されていないことや、対象群と死亡率に差がないことを挙げて不十分な論拠と指摘しています。

そしてアスパルテームの安全性に関して次の説明がされています。

アスパルテームは徹底的な安全性評価のもと、世界の多くの国々で 30 年もの間、食品や卓上用甘味料として使用が認可されている。

欧州で実施された最初のアスパルテームの安全性評価は 1984 年にCF(食品に関する科学委員会)が発表した。1988 年、1997 年、2002 年に SCF はさらに追加の評価を行った。

1984 年に SCF はアスパルテームの一日摂取許容量(ADI)を 40 mg/kg bw とした。ADI は生涯にわたって明らかな健康リスクがなく毎日摂取できる、体重あたりの食品添加物の推定量である。

EFSA の ANS パネル(食品添加物及び食品に添加される栄養源に関する科学パネル)は、アスパルテームの安全性について完全再評価を実施し、アスパルテームは現在の暴露量では安全性の懸念はもたらさないと結論している。

ANS パネルは、SCF が設定したアスパルテームの ADI は一般の人々(乳児、子供、妊婦を含む)にとって安全であり、アスパルテームの消費者暴露量は ADI 以下であるとみなした。

ただし、これはフェニルケトン尿症(PKU)患者には適用できない

引用元:EFSA:European Food Safety Authority

http://www.nihs.go.jp/hse/food-info/chemical/aspartame/EFSAaspartame.pdf

この見解ではアスパルテームの危険性に対する懸念に対して、「徹底的な安全性評価」とされています。あくまで実験でのデータとしては安全性を訴える組織とそうでない組織とで意見が別れています。

アメリカではアスパルテームで論争がおきる。

アメリカではまさにアスパルテームに関しては意見が二分しており論争となりました。アメリカで大人気の清涼飲料水の一つにコーラがあります。ダイエットペプシやダイエットコーラというアスパルテームを使ったコーラが発売されていました。

f:id:immunityup:20171129152204j:plain

出典:https://www.usatoday.com

しかしアスパルテームに対するイメージが悪いということで、ダイエットペプシの売上が5.2%減少しダイエットコークの売上が6.6%減ってしまったという情報がアメリカの業界紙で発表された過去があります。

これによって、ダイエットペプシはアスパルテームを使用するのを2015年にやめました。アメリカの有力紙USA TODAYでもこらの情報が掲載され話題となりました。

関連記事:USATODAY(英語サイト)

www.usatoday.com

発がん性への疑いはともかく、それほどまでにアメリカ人にはアスパルテームの有害イメージが根付いてしまっているということです。

私がアスパルテームは控えたほうが良いと思う理由

私はアスパルテームは控えたほうが良いと思っています。その理由は発がん性があるかどうかという点では何ともいえませんが、脳への影響を実体験として感じているからです。

私は空腹時にアスパルテーム入りのスポーツドリンクを飲むと、かなりの確立で視界不良となります。ちなみに私はあらゆる人間ドック、脳の検査や目の検査等をすべてクリアしています。詳細はこちらの記事を御覧ください。
www.kenkou-up.xyz

こういった経験から、アスパルテームに関しては個人差はあれど何らかの影響が人体にあると考えています。もちろん体質の問題もありますので、一概にこれが絶対ダメとは言いません。とはいえ、アスパルテームの害には失明のリスクを指摘する声もあるのは事実です。

私に起こるこの視界異常の症状からしても、失明とまでは行かなくても何らの影響が脳に起きていることを感じます。特別症状がない人であればよほど問題はないかもしれませんが、アスパルテームを使わないと成り立たない食品などないわけです。

少量でもかなりの甘みを脳が感じるということは、少量でも長期的にみたら人体に何らかの影響がある、という可能性も当然考慮すべきです。たとえそれが原因で病気になったとしても、それを証明することはできません。

大事なことは健康に害があってはならないということですから、疑わしきは使わないことが賢明な判断と思います。短期的には害はないとは思いますので、可能なら選ばない、もしくは少ない頻度で上手に活用するという選択が実生活においては望ましいでしょう。

あえてリスクを犯すよりも、より安全性の高い食品を選んでおいたほうが賢明です。中高年はともかく、特に体の小さいお子さんなどには、これに限らずいろいろな食品や添加物の影響は受けやすいので、お母さんはより慎重に食品は選ぶようにしてあげてください。

 まとめ

  • 人工甘味料アスパルテームには発がん性の疑いがあるが意見が割れている。
  • 疑わしきは使わずでいったほうが賢明。

人工甘味料アスパルテームの発がん性ははっきりとしたことがわかっていません。ただ先述の通り、無理して選ぶ必要のない製品は買わなければ良いので、成分表記をしっかりチェックして、ご自身の判断で選ぶようにしてください。